OLが選ぶサンダル&ミュール | ウェッジソール

HOME -- 形状別 -- ウェッジソール

■形状別

ウェッジソール

ウェッジソール

かかとから足先まで靴底がひと続きになったタイプのもので、船底型とされるのがウェッジサンダルソールです。
1970年代にも流行したことがありますが、最近では土踏まずの部分を少し持ち上げて、ハイヒールのようにかかとを細くした優美なデザインも増えていますよね。
コルクやジュート、籐(とう)などの自然素材を使った製品も目立ち、その清涼感からタウンユース、リゾートユースともに圧倒的な支持を得ています。
また、ナチュラルな感触なため、足が疲れにくいのも人気の理由のひとつでしょう。
なお、ウェッジソールの発明者はイタリアの超高級ブランド「フェラガモ」の創始者であるサルバトーレ・フェラガモとされ、第二次世界大戦中にコルクなどを材料にして作ったのが始まりとされています。
1937年に大流行し、その後1972年にはブームが再来しました。近年、新たなブーム再々来の兆しがあるとして、また注目を浴びています。
ウェッジソールのいいところは、まず脚長効果があるとこです。
これはヒールのある靴を履く上で、第一にあげられることではないでしょうか。
もちろん、ピンヒールなどでも同様の効果が得られるのですが、長時間歩くと疲れてしまう、といったデメリットも。
これはかかとに重心がかかった際、ヒール部分の面積が少ないため、そのわずかな面積に全体重がかかってしまうからなんです。
ところが、ヒール部分の面積が大きいウェッジサンダルならそのような心配もいらない、というわけです。
ウェッジサンダルは重心のかかる部分がスニーカーよりちょっと狭くなっただけなので、とても楽に履けるんです。
もちろん、歩きやすさだけを考えるとスニーカーには引けを取りますが、ウェッジソールはある程度の歩きやすさを保ちながらもおしゃれでいることができるがいいですよね。
健康の観点から見るとピンヒールなどに比べて、靴底全体に体重が分散されるので足への負担も少なく、厚底の分だけ脚を長く見せることができます。
ただ、その厚底ゆえ運転には向かず、事故を引き起こすケースもあるようです。
ウェッジサンダルを履く際は足を上からおろすようにするなど、歩き方に注意が必要です。



HOME | 靴の歴史 | サンダルとミュールの違いとは? | 人気ブランド | 形状別
オフィス用サンダル | サンダル・ミュールの保管方法 | サイトマップ