OLが選ぶサンダル&ミュール | ピンヒール

HOME -- 形状別 -- ピンヒール

■形状別

ピンヒール

ピンヒール

履くだけでエレガントで大人な雰囲気にしてくれるピンヒール。
誰もが小さい頃、憧れたことがあるのではないでしょうか?
ちなみに「ピンヒール」の意味、ご存知でしたか?
かかとがピンのように細いからピンヒールと言うわけではないのだそうです。
かかとをピンで止めてあるからピンヒールと言うそうですよ。
また普段履き慣れないヒールで歩くと思わぬトラブルが生じることがあるという人もいるでしょう。
例えばこんなことに注意してみてください。
まず、ピンヒールは体調のいいときに履くようにした方がいいでしょう。
ピンヒールは身体に負担をかけるというのも事実です。
履くのは、体調のいい日にするのがいいと思います。
また、自分に合った靴を選ぶこともとても大事です。
ピンヒールに限ったことではありませんし、当たり前の事なのですが、意外と忘れがち。
無理矢理履いてしまうと、足を痛めます。足のサイズや形は変化しているということを忘れないようにしましょう。
また履く時は背筋を伸ばすことをいつもより意識するようにしましょう。
さらに背骨のラインを正しく保つように心がけるといいでしょう。
ヒールが高くなると、身体のラインが変わります。結果、腰で上半身を支えるような姿勢になりがちです。
腰の反りが強すぎると、腰痛になりますので、しっかり、腹筋を使って上体を引き上げ背骨のラインを整えましょう。
ピンヒールを履くときだけでなく、普段から正しい姿勢を身につけておくことはとても重要なことです。
スニーカーでも猫背ぎみだったりするのに、ピンヒールを履いて背筋を伸ばすなんて至難の技ですよね。
しかし美しい姿勢は見た目だけじゃなく、健康にもとても有益なので、心がけるようにするといいでしょう。
またバランスを失わないようにするのも大切です。
履き慣れていないせいか、身体が上下にピョコピョコ揺れたり、バランスを崩しがちになります。
バランスを崩すと転倒の恐れがありますので、自分の身体の中心に重心がある事をイメージして歩いてみましょう。
さらにヒザをまげて歩かないこと。
見た目に美しくないばかりではなく、ヒザに負担がかかり、トラブルの原因になるので注意したいところです。
また履いた後は、足のケアも忘れずにしましょう。
ヒールは足裏に負担をかけますので、ゆっくりお風呂に入り、マッサージなどのケアもしてあげてくださいね。



HOME | 靴の歴史 | サンダルとミュールの違いとは? | 人気ブランド | 形状別
オフィス用サンダル | サンダル・ミュールの保管方法 | サイトマップ