OLが選ぶサンダル&ミュール | サンダル・ミュールの保管方法

HOME -- サンダル・ミュールの保管方法

■サンダル・ミュールの保管方法

サンダル・ミュールの保管方法

靴の保管方法って、意外とずさんだったりすることはないでしょうか。
皆さんは、どんなことに注意をして保管していますか?
まずは、何を差し置いても湿気をしまいこまないことです。
湿気は、革が一番ダメージを受けます。
湿気をそのままにして、靴箱とか下駄箱に保管していると、ただ置いてあるだけで、靴がそじてしまうこともあるんです。
中敷がボロボロになったことはありませんか?
どうしてかというと、湿気なんです。
雨に濡れるなどしてそのようにボロボロになってしまうことがあるのですが、シーズンが終わってしまうときには、まず湿気を飛ばし、靴の中に「シューツリー」等を入れておけば大丈夫です。
また、シューツリーが無くても、新聞紙などを丸め薄紙に包んで入れておくだけでも充分です。
靴箱に保管でも、下駄箱に保管でもどちらの場合も、たまに蓋や戸を開けて空気を循環させてください。
湿気を飛ばし、空気をまわすことがとても大切です。
実は意外と、几帳面な性格できちんとしまっておくような方のほうが、カビが生えたりするんだそうです。
「湿気を取って空気の循環」 靴をしまうときは、これを頭に置いておくといいでしょう。
また洗うときですが、まず最初に、砂ぼこりやドロ、汚れを落とします。
その後、指の部分を中心にサンダル用のローションやクリーニングスポンジでよく拭きます。
次に、革に栄養を与える為にクリームを塗ります。ホックなどの金具にも忘れずに塗りましょう。ちょっと塗るだけで、サビ防止になります。
そして保管は、なるべく湿気の少ない場所にします。靴箱に保管できない場合は箱にしまってください。その際、お菓子の袋に入っている乾燥剤を2~3個入れれば湿気対策になります。

・持ち運びに便利なトートバッグがおすすめ

最後は、サンダルやミュールの表面に防水スプレーをかけます。
ただし、敷革にかけると、汗を吸い取らなくなってしまうのでご注意ください。



HOME | 靴の歴史 | サンダルとミュールの違いとは? | 人気ブランド | 形状別
オフィス用サンダル | サンダル・ミュールの保管方法 | サイトマップ