OLが選ぶサンダル&ミュール | バックストラップ

HOME -- 形状別 -- バックストラップ

■形状別

バックストラップ

バックストラップ

バックストラップとは、かかと部分がストラップになっているタイプの靴のスタイルのことを指します。
繊細でほっそりしたイメージがあるので、足首をスッキリ見せ、華奢で女性らしい足元を演出できるデザインが特徴的です。
靴によっては、サイズの微調整ができる器具がついていたり、ゴム状になっていて、ズレ落ちにくくなっているものもあります。
「歩いているうちに、ストラップがズレ落ちる」ということもあるようですが、対処法としては先述のゴム状タイプの他、ズレ防止のシールを貼ったりする方法があります。
しかしいずれにしても、自分の足に正しく合うサイズやデザインを見つけることが大切ですね。
例えば土踏まずに滑り止めをつけたり、ストラップの長さを調節できるものを選ぶといいでしょう。
また素材が柔らかすぎてもズレるという声もあるので、普通のものとは違った視点で慎重に選んだ方がいいかもしれません。
実は、現代の若い人は指の付け根の骨から指先が短く、甲薄でスラッとした足先の人が多いそうで一般的なヒール靴は中で滑って前のめりになってしまうんだそうです。
また、自分の足の正確なサイズを知らずに靴を選んでいる人が多いそうです。
自分の足のサイズを測ってもらったら思っていたさいずより1センチも小さいこと 靴のデザインやメーカーによってサイズが変わることもありますから、自分のサイズをきちんと確かめ、知っている事もすごく重要です。
ちなみにミュールにしてもバックストラップにしても、かかとがほんの少し靴の底からはみ出し気味のサイズが見た目にもいちばんきれいなんだそうですよ。
つまりは普通のサイズより半サイズから1サイズ小さめを選ぶのがコツなんです。
一度、試し履きで試してみるといいかもしれませんね。



HOME | 靴の歴史 | サンダルとミュールの違いとは? | 人気ブランド | 形状別
オフィス用サンダル | サンダル・ミュールの保管方法 | サイトマップ